紫外線 肌のたるみ

紫外線は肌の老化の原因に!


誰もがいつまでも若々しくいたいものです!しかし、どうしても年齢には逆らえなくて..

でも、ちょっと人と比べてみると同年齢でも老け方に違いがあると思いませんか?

どうせなら同年代の人より若く見られたいし綺麗でありたいですよね!

じゃあ人はなぜ老化現象が起こってしまうのか?

その原因は、食事や睡眠などと生活習慣が関係しているところもありますが、

実は紫外線も大きく関係しているんです!

紫外線を甘く見ないように

少しこんがり日焼けしたいッ!って思うかもしれませんが、紫外線を甘く見ていると後悔しますよ!

確かに人生の中で、今という時間は二度と戻ってきません。だから日焼けしてこんがり肌を焼き満足できるのも今だけです!いまを大事にする気持ちも十分にわかりますが、あとで後悔しないためにも紫外線について知っておきましょう!

紫外線を浴びることで、活性酸素が増加する傾向にありますが、これが肌の老化を進めてしまうって知っていますか?

日中に紫外線を体に浴びると、体内でメラニン色素がたくさん生成されてしまい、気になる顔のシミやくすんだ黒ずみののもととなってしまいます!

紫外線がシミ等の原因という事は自身の経験上なんとなくわかるでしょう!

しかし!紫外線による顔や紫外線を浴びた個所に出来るシミ等の害だけではないんです!

重要なのは活性酸素が増えてしまうことです。

この活性酸素は、細胞の酸化が原因で増えてしまうのですが、肌や皮膚の老化はこの活性酸素が増えることで進行してしまいます。

肌トラブルの詳細

なぜ肌の老化が進むと、想像どうりに肌の保湿に必要なヒアルロン酸やコラーゲンが失われていってしまいます。そうすると肌は乾燥し潤いを維持できなくなるだけでなく、ニキビのような肌トラブルやハリがなくなってしまう原因になってしまいます。


細胞を酸化させることで体の老化をもたらすこの活性酸素が増えることで、肌の老化が進んでいってしまうのです。その結果肌からセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分が失われて肌はとても乾燥しやすくなってしまい、肌の命でもある潤いを維持できなくなってしまいます。その結果残念なことにでハリが低下したるんだような肌になっていきます。

これ以上に厄介で避けたい肌トラブルは、真皮層にある「コラーゲンやエラスチン」を見事に壊してしまうことです。
繊維状になっているコラーゲンがエラスチンに束ねられる真皮層では、網の目のような形に張り巡らされることにより肌の角質層を支える役割があります。
しかし、年を重ねるにつれて、この「コラーゲンとエラスチン」が減少していく現実も肌がたるんでしまう大きな原因の1つです。
それに加えて日中の紫外線による肌へのダメージが「コラーゲンやエラスチン」という肌のハリには欠かせない成分の破壊の手助けをしてしまいます。肌の表面でとどまればまだ救いはありますが、真皮層までダメージが届いてしまうと最悪な結果になります。

どうなってしまうか??

肌のハリがなくなり、たるんだ肌で表情すら変わってしまいます。老けてもやつれてもみられてしまいます。

肌のハリは地球にある重力に耐える役目もありますので肌にはとっても重要なもの!この「コラーゲンやエラスチン」が紫外線や加齢に壊されてしまうと、肌が重力に耐えきれずたるむという結果になります。

本当に紫外線は厄介!

肌が乾燥していると、肌本来のバリア機能も低下してしまいます。そこに紫外線が付け込んでくると最低です!!

肌が乾燥している時ほど紫外線のによるダメージが真皮層に届きやすい!紫外線が真皮層に侵入しやすい状況に...もはや肌の警備状態が甘くなっています。

このように無法地帯の肌に紫外線浴びるほどダメージはどんどん蓄積され、肌のたるみが加速してしまうので今以上に紫外線に警戒してください!

夏の紫外線には日焼け止めクリームが必需品です!

紫外線の恐怖まとめ

紫外線対策まとめ

上記での説明のように、紫外線と肌のたるみは日々攻防戦状態です。
肌の乾燥と紫外線は、肌のたるみの原因になりとても見過ごすことが出来ない問題です。
100%肌を保護できなくても、少しでも原因を取り除くだけで肌の老化や衰えの進行を遅らせることも出来ます。何の対策もしていないと確実に将来後悔することになるのは明白です!
そうならないためにも日頃の肌を保護する対策が必須ですね!加齢はどうにも避けられない現実ですが、紫外線は対策でいますよね!これには日焼け止クリームなどが最適な老化対策になるので今からでも活用しましょう!

私は、汗で流れ落ちにくいものや、色々な日焼け止めクリームを使っています。その日の目的に対応した日焼け止めクリームを使用しています。中には肌との相性が悪い商品もあります。それに気づかないと対策商品により肌がダメージを受ける場合もあります。

クリームだけでなく、日よけ傘や防止も上手に活用してみるといいかと思います。

なぜなら紫外線をカット出来る効果が高いほど肌への負担が大きい場合もあるという事です。

 

サイトマップ

マネーパートナーズとは